消防設備工事について

消防設備に関することは専門家へのご相談を!

消防設備は万一の火災時に、人や建物を守るための非常に重要な設備です。
建物に消防設備を完備しておくことは、所有者様や管理者様に課せられた義務でもあります。
また、商業施設には規模や用途、収容人員等に合わせた消防設備、特殊消防設備の設置が義務付けられているなど、
特殊なケースもございますので、お困りの際は専門家であるわたしたち清水商会へのご相談をご検討ください。

下記のようなビル・マンションには消防設備工事が必要です

  • 建物の新築時に消防設備の設置を消防署から指導された物件
  • 点検を行なったところ消防設備の不具合・不良箇所が見つかった
  • 内装工事で間仕切り等を設置し、感知器などの設置が必要になった
  • 消防法の改正によって既存消防設備が型式失効となってしまった
  • 消防法の改正によって自動火災報知設備の導入が必要になった
  • 消防法の改正によって避難器具を導入しなくてはならなくなった

消防設備の一例

  1. 自動火災報知設備

    EXAMPLE.01

    自動火災報知設備

    自動火災報知設備は火災時の煙や熱、炎などを検知し、非常ベルを鳴らしたり受信機と連動させたりして、建物内に火災の発生を放置するための設備です。設置箇所の選定が非常に重要で、誤った箇所に設置すると誤報知の原因になり、場合によっては施設の利用者様にご迷惑をお掛けすることにもなり兼ねませんのでご注意ください。

  2. 消火器

    EXAMPLE.02

    消火器

    火災の初期消火活動に必要不可欠な設備が消火器です。建物の延べ床面積や窓の有無、少量危険物の有無、階層などに応じて設置基準が定められています。消火器には大きく分けて水系消火剤を使用したものと、ガス系消火剤を使用したものとがあります。それぞれ耐用年数があるため、定期的な交換も忘れないよう注意が必要です。

  3. 消火栓

    EXAMPLE.03

    消火栓

    屋内消火栓などの消火設備です。消火栓は人の手によって消火活動を行なう点が特徴で、万一の火災時にの初期消火活動では大きな役割を果たす設備となります。油火災の恐れがある箇所には泡消火設備、美術館などの消火剤によって汚損される恐れがある場所には不活性ガス消火設備を設置するなどの配慮もしなくてはなりません。

  4. スプリンクラー

    EXAMPLE.04

    スプリンクラー

    天井などに取り付けられる消火設備で、火災発生時には熱を感知して自動的に放水を開始する点が大きな特徴です。ただし、消火栓と同様に設置箇所によって使用する消火剤の種類を選定することが重要なポイントとなります。お困りの際は三重県松阪市の清水商会までご相談ください。適切なご提案を行なわせていただきます。

  5. 連結送水管

    EXAMPLE.05

    連結送水管

    連結送水管は主に、高層ビルや地下街などの消火設備として採用されます。建物の内部に配管設備、および放水口を設置することで、外部からの注水では消火活動が困難な場合もスムーズな消火活動を行なうことが可能となります。連結送水管の導入をご検討の際は、消火設備の専門家である清水商会までぜひお気軽にご相談ください。

  6. ガス消火設備

    EXAMPLE.06

    ガス消火設備

    ガス消火設備は水での消火活動を行なうと支障をきたす場所、精密機械のある場所や美術館、博物館などに設置される消火設備です。重要なデータや美術品、歴史遺産等への損害を極力抑えながら、消火活動を行なうことができます。また、感電や爆発の恐れがある電気室、ボイラー室等の消火設備としてもよく採用されています。

  7. 泡消火設備

    EXAMPLE.07

    泡消火設備

    泡消火設備は水による消火活動が、かえって火災を拡大させる危険性のある場所、または効果が少ないと考えられる場所に設置される消火設備です。代表的な場所として駐車場やヘリポートなどが挙げられます。消火設備の設置は場所に適したものを導入することが重要ですので、信頼できる業者へのご相談をおすすめいたします。

  8. 非常警報設備

    EXAMPLE.08

    非常警報設備

    非常ベルや放送設備、自動サイレンなどの火災を建物内や周囲に知らせるための設備です。自動火災報知機と連動させることで、火災の発生をより素早く報知することが可能となります。また、人の手によってスピーカーで火災の状況を知らせることもできます。収容人数50人以上の施設や地階、無窓階の建物には設置が必須です。

  9. 誘導灯

    EXAMPLE.09

    誘導灯

    火災の発生時に施設等の利用者様を、避難経路へとスムーズに誘導するための発光式表示板です。建物の用途によって設置するサイズや輝度などが厳格に定められていますので、法に沿った誘導灯を導入するよう気をつけなくてはなりません。お困りの際は消防設備のプロ、清水商会がアドバイスいたしますのでぜひお任せください。

  10. 避難器具

    EXAMPLE.10

    避難器具

    火災時の避難をスムーズにするための、避難はしごや救助袋などの設備です。万一、避難口等での避難が困難な場合も、避難器具を設置しておくことで建物のバルコニーや窓などからの避難が行なえるようにあります。消防設備の知識がない方でも扱えるものが多い点がメリットで、導入することでさらなる安心を手に入れられます。

防災グッズの販売

  1. EMERGENCY GOODS.01

    三角消火バケツ

    三角消火バケツ

    お部屋のコーナー部分にすっきりと収まる、三角形のバケツです。消火活動のアイテムとしてはもちろん、飲料水の容器として使用することもできます。ぜひ設置をご検討ください。

  2. EMERGENCY GOODS.02

    サニタクリーン・ポータブル

    サニタクリーン・ポータブル

    万一の災害時には、排泄場所を確保することも重要なポイントの1つとなります。サニタクリーン・ポータブルは簡単トイレに簡易式トイレをセットして使う、組み立て式のトイレです。

  3. EMERGENCY GOODS.03

    メガホン

    メガホン

    災害時はあらゆる機器が使用できなくなってしまう可能性が考えられます。メガホンは周囲に危険を知らせたり伝達をスムーズに行なったりするための、心強いアイテムとなってくれます。

  4. EMERGENCY GOODS.04

    ヘルメット

    ヘルメット

    頭部は身体の中でも一番に保護しなくてはならない部位です。ヘルメットは確実に備えておきましょう。収納時は厚さ35mmのコンパクトなサイズにたたんでおけるタイプなどもあります。

消防設備工事についてよくある質問

テスト消防設備工事によくある質問

テスト消防設備工事についてよくあるしつもん本文

消防設備の工事は御社でやってくれるのでしょうか?
はい、弊社は消防設備の工事、点検のいずれも行なえる資格を保有しておりますので、すべてお任せいただけます。 これまでにも豊富な消防設備工事の実績がございますので、安心してご相談ください。
消防設備の不良箇所を直すよう消防署から指導されてしまいました。
まずはお気軽に清水商会までお問い合わせください。不良箇所の点検を行なわせていただき問題箇所を特定、 適切なご提案およびお見積もりを提出させていただきます。